自分の車を売却する場合にはいろんな書類を揃える

2~3年前のことになりますが、車の買い替えを考えた際、よ

自分の車を売却する場合にはいろんな書類を揃える必要があります。
その中でも、自動車検査証、要は車検証は、非常に重要な書類です。
また、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書といった書類を準備しておくことが必要になります。



また、実印もいるので、きちんと用意しておきましょう。車を所有している方の多くは、愛車の価値が気になると思います。そんな時にお世話になるのが、車査定です。今は多くの中古カービューの車買い取り業者がありますが、その中には自分がお店に車を運んでいくのではなく業者自身が自宅まで来てくれる場合があります。査定の場所は自宅に限らず、指定の場所にまで出向いてくれる場合もあるそうです。つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。


とはいえ、査定額が納得できない物であれば売る必要はありません。ネットでリサーチしてみると、相場が乗ってるページを見つけられます。

そのサイトを用いれば、愛車の相場が確認できます。車両メーカーの公式サイトでも、相場を確認できます。車の買取の一括無料査定を利用することで、相場を理解する方法もあります。
かと言って、あくまで相場ですので、少しは金額は前後します。Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が意外と多いです。自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。車の名義が金融会社になっているときは、売却することはできませんので、ローンを返済し終えて名義変更してからなら売却可能です。

車を手放す際、査定をカービューの車買い取り業者に行ってもらい、売ることが決まった後で金額を下げるように請求されることがあるようです。

ちょっと待ってください、詳細を調べると不具合があったため買取額を安くしてくださいと言われたとしても、応じなくてよいです。もしその欠陥を知っていて、契約前にあえて言わなかったのならだめですが、違うのであれば減額に応じないようにするか、契約を撤回しましょう。



一般的な中古車なら自動車の買取に出すことで高く売ることもできますが、事故を起こした車ともなると引き受けてもらうだけでも十分とお思いになってしまうかもしれません。しかし、近年では事故車であっても一括査定でいくつかの買取会社の査定を受けると、予想外の高値で買取をしてもらえます。



家族名義の車や別居の親族の車なども要件さえ整えば売却できます。

まず売買契約に必要な書類のほかに、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。
ですから、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。

車を出来るだけ高く売りたいと考えた時は思い切って同時査定を受けてはいかがでしょうか。一括査定サイトなどから同時に複数の業者からの現物査定を受けることで、その場で買取価格を競い合ってもらい、各社の査定額を比較します。他にもオークションのように競ってもらえれば、さらなる高額買取を期待できます。忘れてしまいがちですが、必要書類を用意して、決まったその時に売れるように用意しておくことも忘れないようにしましょう。



派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。しかし、このような改造車でも、売ることは可能です。

ただ、通常の買取会社では絶対に買取可能だとは言い切れず、査定額をダウンされることを覚悟した方が良いかも知れません。


このようなときには改造車に理解があって、独自の販売ルートを持っている改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。



自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。



買取にはいくつか書類が必要ですが、その一つが印鑑証明です。実印が必要になるので、登録をしている市役所、または出先機関でも結構ですが、2枚用意しましょう。ここ最近だと証明書発行サービスを扱っているコンビニもありますし、自動発行の機械を設置している役所も増えてきました。


ここで留意するべきは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。
古いものは使えないので気を付けましょう。